抜け毛を気にする男性のイラスト

性欲を犠牲にするAGA

近年TV等でもよく聞くAGA(男性型脱毛症)ですが、治し方まではご存知ですか?AGAには治療薬が存在し、その効果には高い期待を持っていいと思います。ですが副作用として性欲減退等もあるのを知ってください。

AGA人口の割合

男性型脱毛症「AGA」は、男性型という言葉が名前につけられているように、圧倒的に男性に起こりやすい脱毛症です。
どのくらいの割合で、この脱毛症を発症しているのかというと、全国で約全国で1260万人程と考えられています。
1260万人のほとんどが男性であった場合、人口の5人に1人はAGAを発症していると言えるのです。
なぜ、男性だけにAGAが起こりやすいのかというと、発症のメカニズムに秘密が隠されています。
AGAは男性ホルモンが原因で起こる、脱毛症なのです。
男性は体の中で「テストステロン」という、男性ホルモンが作られています。
テストステロン自体は髪に悪影響を与える事はありませんが、テストステロンが5αリアクターゼという酵素によって、「ジヒドロテストステロン」という、新たな男性ホルモンへと変化すると、毛根に多大な影響を与えてしまいます。
髪の毛根部分には、毛乳頭という組織があります。
毛乳頭は髪の細胞分裂を促す所で、いわば髪を作る司令塔です。
ジヒドロテストステロンが毛乳頭に侵入すると、毛乳頭の働きを阻害します。
すると、ヘアサイクルという髪が生えたり抜けたりを繰り返す周期が乱れてしまい、薄毛が進行してしまうのです。
AGAになると髪の成長期が、極端に短くなるのが特徴です。
髪が十分に成長しきる前に髪が抜けてしまう為、生えてる髪は細くハリがありません。
また、生え際と頭頂部という頭皮の局所的に、脱毛が起こる点も特有の特徴と言われています。
男性ホルモンが影響して起こる脱毛ですので、そのまま放置していると、どんどん薄毛は進行していきます。
しかし、皮膚科やメンズクリニックではAGAの治療を受けられる為、薄毛が気になる男性はクリニックに相談してみましょう。

AGA治療薬の副作用と対処方

男性の薄毛を引き起こす原因としては様々なものが考えられますが、中でもAGAという病気によって引き起こされる薄毛は特殊な治療が必要になり、スカルプシャンプーや頭皮の血行を改善するといったケアだけでは治すことが困難です。
そもそもAGAとは、テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が互いに反応し合うことで頭髪の成長を阻害するDHTという物質を生み出す病気のこと。
これによる薄毛の可能性が高ければ、医療機関の受診や通信販売などでAGA治療薬を処方したり購入したりした上で長期間にわたって服用を続けることが求められます。
AGAの治療薬としては日本で認可を受けているものとしてはフィナステリド配合のプロペシアが挙げられます。
これは服用することで5αリダクターゼのII型の働きを抑制し、これによってDHTの分泌量を制限することで頭髪のヘアサイクルを正常な状態に戻すことができるのです。
ただし、フィナステリドには副作用が出る可能性も指摘されており、初期脱毛、勃起不全や性欲減退、肝機能障害、鬱症状などがその代表的なものとして挙げられます。
もしも服用時に何らかの異常を感じた時にはすぐにかかりつけの医師に相談するなどして使用方法について指示を求めると良いでしょう。
また塗り薬として頭皮の毛細血管を拡張させて多くの栄養分を運搬する効果をもたらすミノキシジルにも副作用を生じさせる可能性があります。
たとえば低血圧症の人などが利用すると血圧が下がり過ぎて心臓や血管にダメージを与える危険性が生じ、さらに鬱症状や発疹、ニキビなどが出ることもあります。
これらも対処法としては医師と密に連絡を取り合って指示を仰ぐことが最も有効な手段です。
低血圧症の人の使用は最初から控えるべきですが、そうでない人も自分の症状をチェックしながら使用していくことが大切です。

AGAと男性ホルモンの関連

脱毛や薄毛を発症する症状は様々ありますが、その中でもAGAは男性型脱毛症と呼ばれる症状です。
前頭部にMの字に脱毛や薄毛が広がる、もしくは頭頂部にOの字に脱毛や薄毛があらわれるのが特徴です。
ただしこれは、女性の方でも発症することがあり、その場合は英語で女性を表す『Female』の頭文字をとってFAGAと表現される場合があります。
この場合、症状のあらわれ方は男性とは異なることが多いです。
AGAの原因は様々ありますが、男性ホルモンとの関連は非常にその原因の中でも大きいとされています。
発毛や育毛には毛母細胞や毛乳頭が大きな役割をきたしているのですが、この中には男性ホルモン受容体と呼ばれるものが存在しています。
これは全ての男性に存在しているものではなく、存在の有無に関しては遺伝が大きいとされています。
この受容体に男性ホルモンが入り込むと、そこで5aリダクターゼと呼ばれる酵素が分泌されるのですが、この酵素には男性ホルモンをジヒドロテストステロンと言う物質に変換してしまう作用を持っています。
このジヒドロテストステロンは、いわば男性ホルモンの強化版とも言える物質であり、皮脂を過剰に分泌にする作用などを持っています。
そのため、この一連の流れが発生し、ジヒドロテストステロンの分泌が盛んになってしまうと、AGAが発症してしまうと言うのが原因です。
5aリダクターゼには2種類あるのですが、この内1種類は、前頭部や頭頂部の毛の毛母細胞や毛乳頭の男性ホルモン受容体に多く存在しているため、AGAの脱毛や薄毛はこの部分を中心として発生しやすいのです。
男性ホルモンは微量ながら、女性の体内にも分泌されています。
そして女性ホルモンには発毛や育毛に対しての大きな作用があるため、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が低下すると、男性ホルモンが優位になるため、女性でもAGA症状が出てくるのが、FAGAのメカニズムです。

■神戸でAGA治療が出来る病院のまとめです
AGA 神戸
■AGAをこの薬で治すなら初期症状を知っておきましょう
フィンペシアの初期脱毛に関して
■認可を受けている安心のプロペシアについて
プロペシアは試す価値あり
■AGA治療にプロペシアをお使いなら、ロゲインとの併用で効果が格段に上がります
ロゲインは併用して効果アップ