抜け毛を気にする男性のイラスト

近年TV等でもよく聞くAGA(男性型脱毛症)ですが、治し方まではご存知ですか?AGAには治療薬が存在し、その効果には高い期待を持っていいと思います。ですが副作用として性欲減退等もあるのを知ってください。

ドライヤーによるAGA進行と治療における頭痛

AGAとは、男性型脱毛症の略称です。男性、特に成人した男性によく発症する髪の毛が薄くなり状態になることです。時期的には思春期以降に頭の額部分の生え際が薄くなったり、頭頂部分の髪の毛が薄くなる症状です。原因として一般的には遺伝が考えられています。その他には男性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。
また、大きな要因と考えられているのものにドライヤーがありますが、ドライヤーはAGAの原因ではありません。ドライヤーで髪の毛を乾かすときに、髪の毛をかきまぜるため、抜け毛が発生しますが、それは若干の本数です。逆に、ドライヤーを使用せず濡れた髪の毛をそのままとすると、頭皮部分に湿気と温度により細菌が発生し、その細菌により頭皮の炎症を引き起こす可能性があります。そのことが頭皮を痛めてしまい。さらには抜け毛の原因になってしまいます。ドライヤーは適正に使用することにより、頭皮や髪の毛に無駄な刺激を与えるAGAにも影響しません。適正なドライヤー使用方法は、設定温度は低めにして、最低でも頭皮から20センチメートル程度離して熱風を最小限にして髪の毛を乾かすようにすることです。かける順番は、髪の毛の根元部分が乾きにくいので、頭頂部分から下がっていくようにドライヤーをかけると適正です。
つぎに、AGAの治療に関して、薬を使用する場合には、頭痛や頭皮のかぶれを起こす場合があります。治療薬の成分であるミノキシジンが影響していると考えられます。ミノキシジンの配合量により頭痛が起こる場合があるようです。薬なので、若干の副作用はなむをえませんが、頭痛やかぶれが長引くようであれば、必ず、医師や薬剤師に相談してください。