広島も交通量が多く人も多いですから、毎年多くの交通事故が起こっています。

事故の内容もさまざまですが、人身事故になるとケガだけで済まず、後遺症が残ってしまうことも多いです。しかし、警察などが処分を下すのはあくまでも行政処分だけで、慰謝料は民事の世界です。警察がなにか手伝ってくれたりはしませんので、自分が動かなくてはなりません。交通事故だけでも多くの犠牲を払っているのに、さらに手間と時間を割くことになります。そこで法律のプロである広島の弁護士を依頼するのがおすすめです。交通事故の慰謝料は裁判などである程度の目安はありますが、当然相手方は支払いをしたくないので低く提案してきます。

何かにつけてこれ以上は出せない妥当な金額と言ってきますから、それが妥当ではないと法的な根拠を示して交渉していくことが必要です。それには法のプロである広島の弁護士が威力を発揮します。慰謝料はケガの程度や入院や通院の期間、仕事ができなかった分の保証など複数の内容が含まれます。そのため、根拠を示すためには書類も必要な場合もあります。素人ではわかりにくいことも、法律のプロなら熟知しています。また、相手方の対応が悪ければ、裁判をすることもできるのが弁護士です。そうなると正しい金額はどちらか明確ですし、弁護士費用や裁判費用も敗者の負担ですから、相手も裁判は嫌がります。その分、交渉で済ませようと方向性が変わってきますので、慰謝料もアップしてくる可能性は十分高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *