法律相談の特殊な料金システムを知っておく

弁護士などの専門の法律家に対する法律相談の料金体系は、一般的な相談とは少し中身が異なって特殊です。何らかの依頼の相談があるときは、本来その内容によってどの程度の料金になるのかを決定します。しかし、弁護士に対する法律の案件に関する依頼はその内容ではなく相談をする時間によって決定するのです。つまり、話が長くなればなるほどより多くの料金を請求されることになるため、何らかのトラブルの解決法を聞くときにはなるべく短い時間で簡潔に弁護士に対して伝わるように努力しなくてはいけません。

実際、多くの弁護士事務所では30分単位の料金体系を採用しています。内容に限らず時間が経過すればそれだけ費用が大きくなるため、話をするときにはまず話の内容をまとめておくことが大事なのです。そして、もう一つ大切になるのが裁判との違いです。単純な話し合いによって問題が解決できるのならば問題ありませんが、その話し合いによって裁判が必要だと判断されたときには別の料金を支払わなくてはいけません。

一般的に、裁判によって生じる費用は成功報酬として弁護士に支払わなくてはいけません。成功報酬の割合は、実際に裁判が行われる前に見積もりを提示されて計算することになるため事前に確認しておくことが大事です。このように、法律相談は裁判とそれ以外で料金体系が異なり少し特殊であるためきちんと確認しておくことが賢明です。法律の問題解決では、無駄な出費をしないように心がけることです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です