交通事故に遭ってしまうとケガの治療や回復で、日常生活や仕事に大きな支障が生じます。

そこだけでも負担が大きいですが、回復後に本当の精神的な負担が待っています。それが示談の交渉です。多くの場合は相手方の任意保険会社と交渉しますが、相手も営利がありますから、できるだけ示談金を低くしようとしてきますので納得がいないことが多いです。しかし、相手は示談になれていますし、示談成立しなけばそれまで支払いはしません。だんだんと被害者側が疲れ切ってしまったり、知識がないことで妥当ではないことに気づかずに示談を成立させてしまいます。

広島でも多くの方が低い金額だとは感じつつも応じてしまっているのが現状です。これでは被害者なのに踏んだり蹴ったりです。こんな時に頼りになり、金額もアップできるのが交通事故に精通している弁護士です。広島にも交通事故を専門に扱ったり経験豊富な弁護士はいます。弁護士なら交渉の際に、法的な根拠を示せるので相手も反論したりはぐらかしたり出来ません。また、弁護士なら最終的には裁判を起こすこともできますから、そうなると妥当な金額が弁護士の提示するものだと判断される確率は非常に高いです。

そうなるなら交渉で折り合いを付けようとする保険会社が多いです。広島でも多くの交通事故を扱う弁護士が活躍しています。正当な金額になるように代理で交渉してくれますから、まずは相談することがおすすめです。敷居が高いと思わずに妥当な金額なのかの判断をしてもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *