交通事故の慰謝料っていくら請求してもいいの?

交通事故の慰謝料って、どのくらいが相場なのか、いくら請求してもいいのか、といったことを聞かれることが良くありますが、結論から言えば、いくら請求しても問題ないですし、上限はない、というのが答えになります。とはいえ、請求した額をそのままもらえるわけではありませんので、そこから、保険会社や加害者との交渉によって、額が決まってくることになります。よっぽど重大な事故や後遺症が残ったりといったことが無い限りは、おおよそ数十万円が慰謝料の相場といえるのではないでしょうか。加害者が余程お金持ちとかの事情がないかぎり、数百万円や数千万の慰謝料というのは、まずありません。

ダメでもともとで高額の請求をするのは、相手を挑発することにもなりかねないので、控えておくべきでしょう。慰謝料の額がお互いに妥協することが出来ない場合には、最悪の場合裁判まで行われることになりますが、この時には、お互いの過失や、過去の交通事故における判例などが参考にされて額が決定するので、ここは弁護士や、保険会社の担当者の腕の見せ所になるかもしれません。交通事故における慰謝料請求には、上限も下限もないので、請求額をどの程度にするのか迷ってしまう人もいるかもしれませんが、もし迷ったら相手の提示額をそのまま受け入れるのではなく、自分の保険会社や弁護士、司法書士などに相談してみるのがいいでしょう。プロの目線で、相場の金額を算出してくれるはずです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です