交通事故の慰謝料は誰が決めるのか

交通事故に遭遇してしまうというのは、出来るだけ避けたいものですが、これだけの自動車社会になった日本では、完全に交通事故を防ぐというのは不可能です。自分が事故に合わなくても、友人や家族、職場の人などで事故に合った経験がある人が一人はいるのではないでしょうか。自分がその立場になった時に、慌てて損をしないように慰謝料がどのように算出されているのかを、よく理解しておくといいでしょう。慰謝料というのは、明確にいくら、というように決められているわけではありません。

あなたが肉体的には無傷でも、精神的に強いショックを受けてしまったとしても、そのことをキチンと主張しなければ、肉体的に無傷なのだから慰謝料は少なめで、という流れになってしまうでしょう。保険会社も会社や担当者にもよりますが、多くの場合は金額を多く取るよりも、早く解決をすることを優先するところが多いので、お互いに文句が出なければ、速やかに示談がなされて、解決をしてしまいます。もしあなたが、交通事故の被害者になってしまったのであれば、肉体的な怪我だけでなく、精神的な傷というのも、はっきりと主張するべきでしょう。フラッシュバックやトラウマなどが発生するのであれば、遠慮しないで精神科医や心療内科などに通って、しっかりと診断をしてもらいましょう。

目に見えない傷だからと言って、遠慮をするのは後々自分を苦しめることになってしまいます。自分の痛みを伝えるようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です