銀行系ローンは低金利に抑えられており、毎月の利息・総支払い利息が少なくなる傾向があります。

それゆえ毎月の返済額が消費者金融より低額になっている場合が多いです。一方で債務整理をして返済計画の変更が必要になったとき、毎月の返済額が増えてしまうことがあります。例えば返済期間を5年に設定していた状況で任意整理をし、返済計画が3年間に決定された場合、返済回数が少なくなることで毎月の負担額が増額してしまうケースがあるのです。債務整理が得意な弁護士は広島に大勢おり、具体的なアドバイスをしてくれます。

債務整理を弁護士に頼まずに広島で自主的に行いたいという方がいますが、金融機関は交渉力に長けています。まともに相手をしてもらえないことが多いですし、足元を見られてしまうでしょう。銀行系ローンは低金利が魅力である反面、原則として過払い金請求はできません。消費者金融がグレーゾーンで貸し付けていた時代にも、銀行は利息制限法の範囲内の金利を設定していたためです。

消費者金融系ローンの場合、長期間の契約によって多額の過払い金が発生し、その金額が元本を超えているケースがあります。元本が100万円であるのに対して、過払い金が150万円発生するような状況があるわけです。一方で銀行系ローンは過払い金自体が発生していないので、過払い金請求をして元本を減らすことはできません。銀行の借金を減らすならば、銀行相手の債務整理経験がある弁護士を広島で探して依頼しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *