債務整理の相談を広島の法律事務所でするとき、多くはノンバンク系が対象になるでしょう。

一方で銀行系ローンに関しては、銀行ではなく保証会社を相手に手続きをする必要があります。銀行系ローンは審査のときに保証会社との契約を求めてくるのが一般的です。保証会社は債務者が返済を延滞した場合、銀行に代わって返済請求をします。債務者が債務整理の相談・手続きを広島で始めた場合、銀行は代位弁済の請求を保証会社に対して行います。

代位弁済とは債務者が返済できなくなったとき、保証会社が代わりに返済する仕組みです。保証会社は消費者金融が設定されていることが多く、債務者が債務整理をした場合は債権が銀行から消費者金融に移行するのです。すると債務者は今後、消費者金融から債務の返済を迫られることになります。注意したいのは保証会社である消費者金融からも借金をしているケースで、銀行ローンに加えて消費者金融ローンも合わせて債務整理をする必要性が出てくる場合があります。

例えば任意整理は整理したいローンを自由に選択して解決できるのがメリットですが、銀行の保証会社である消費者金融からも借入していた場合、銀行と消費者金融からの借入に対して任意整理をする必要性が出てくるのです。弁護士は借金解決のプロであり、さまざまな事例に対応できます。債務整理の相談を広島で検討するときは、弁護士を相談相手に選ぶのが得策でしょう。個人再生や自己破産など、裁判所を通す手続きをするときに有利になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *