弁護士に相談をしたいがそのお金の捻出が厳しい場合には、法テラス制度の利用がおすすめであるとよく言われるようになってきました。その一方で、なかなか予約が取れずに時間が経ってしまうことで焦るケースも少なからずあると言われています。そのため、弁護士に相談を急いで行いたい場合には個別に弁護士事務所に連絡をとってみるぐらいしかやりようがありません。ただ、相談だけでとりあえず解決への糸口を見つけ出したい場合には、弁護士会の無料相談を利用するのも一つの方法です。

時間は限られますし平日にしか開いていませんが、1時間程度は話を聞いてもらえるので、解決に至る話になることも多いです。もし、その場でその弁護士に任せたい場合には依頼したい旨を伝えれば、事務所等に移って話し合いや打ち合わせの場になっていきます。正式に依頼する段階では、報酬等も含めて正式な契約を取り交わします。その契約の元で少しずつ処理を前に進めていくわけです。

他者が関わる場合には他者に対する対応をどうしていくかを考えなければならず、また、裁判所へ申し立てを行う場合にあっては、その裁判所への申し立て書類をどう作成するかも考えていくこととなります。こうした費用は、最終的な成功報酬に含まれる場合も多いのですが、手付金あるいは文書代等として事前に1万円程度のものを渡すことも多いです。その依頼先次第となりますので、相談したい場合には一文無しで依頼するのは避けた方が無難でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *