自動車を対象とした損害保険のなかには、しばしば弁護士費用特約とよばれるメニューが存在しているものです。これは、交通事故のようなトラブルがあって、弁護士にその解決を依頼した場合の報酬などを、保険金として負担してもらえるという内容になっています。一般的に、交通事故が発生した場合には、損害保険会社の職員が相手との示談交渉に当たってくれるため、本来であればこうしたメニューは必要ないように思われますが、実際にはそうとも限らないことがあります。たとえば、相手に100パーセントの過失があるような交通事故、たとえば信号停車中の自動車に後ろから追突されたといったような場合には、損害保険会社としては示談交渉の対象外となってしまうため、もしもなんらかの当事者同士のトラブルに発展したとしても、頼るあてがなくなってしまいます。

また、いったんは示談交渉によって、当事者同士の過失割合が決まりそうになったものの、どうしてもその内容になっとくができず、損害保険会社には任せられないといったこともあるでしょう。こうした場合に、弁護士に法律相談を申しこめば、法律的な面での有益なアドバイスが受けられますし、その後の示談交渉や訴訟の手続きなどを依頼することも可能です。しかし、弁護士に依頼をする場合には、最初に着手金を請求され、相手からの損害賠償金などの規模に応じて、解決時に報酬金を請求されるというのが通例で、その金額もかなり大きなものとなりますので、弁護士費用特約によってカバーすることが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *