消費者金融から借り入れをした結果として、返済ができなくて多額の借金が残っているときには、弁護士に相談して自己破産を検討することが多くなると思います。自己破産は裁判所を経由する法的な手続きとなりますが、その他の債務整理の方法として弁護士に相談すれば、任意整理によって解決できる場合があります。弁護士に依頼して任意整理を行うことによって、債権者と和解をして支払期限を延長してもらったり、借金額を削減してもらったりするようにできます。任意整理の交渉については債権者と直接行うものとなりますので、裁判所が関与することはありません。

自己破産の場合には裁判所に免責が認められないことも考えられますが、任意整理であれば裁判所の判断は関係ありませんので、当事者同士の話し合いで決まることになります。法的な制約が発生しない分、欠格事由などの心配をする必要はなくなりますが、一方で話し合いによって左右される手続きとなることから、良い弁護士を選択しておく重要性も高まります。債権者としては債務者に自己破産をされてしまうと、1円も返済してもらえなくなってしまうことから、借金額を減額した場合であっても、債権を回収することを優先して任意整理に応じることが考えられます。任意整理の和解をすると、残された借金額を3年から5年ほどの期間で完済できるようにします。

和解以降の利息についてはストップしてもらって、支払える金額で返済していくことになりますので、債務者にとって痛みが少ない手続きということができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *