借金の返済ができなくなったときには、自己破産や任意整理などの方法を行うことができます。ただし、自己破産の手続きを行ったときには、手持ちの財産の大部分を失ってしまうデメリットがありますし、任意整理を行う場合では、相手方の債権者が話し合いに応じなかったときに、借金問題を解決できないという問題が発生します。これらの中間的な手続きとして、裁判所に申し立てをして借金額を圧縮してもらってから、減額された借金を返済していく方法として個人再生という選択をすることが可能です。個人再生をするときには、マイホームを除いて債務整理ができることから、住宅を手放さずに手続きを行えるメリットがあります。

債務者自身によってどのような手続きをしたほうが、最も良い結果になるのかについては、それぞれの人にとって変わってきますので、専門家である弁護士に相談することが最適です。任意整理でも個人再生でも、債務者個人がひとりで手続きを行うと上手に判断できなくなってしまうことが考えられるために、弁護士に相談して手続きを進める人が多いと言えます。近年では、着手金を支払う前に無料相談を実施している弁護士事務所が増えていますので、実績が豊富な弁護士の先生に費用のことを心配せずに相談ができます。無料相談を活用することによって、自分に合っている先生かどうか話をしてから決めることが可能です。

どの債務整理の方法を行うことがベストなのか、アドバイスをもらった後で手続きを進めていくことが理想的な解決への道筋であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *