資金が不足してしまったときには、ついつい消費者金融のキャッシングなどを利用してしまうことが考えられますが、お金が無い状態ですので返済に困る人は少なくありません。借金地獄にはまってしまったときには、どうしたら良いのかわからなくなってしまう人も多いと思いますが、日本では法的な手続きによるセーフティネットが用意されています。借金を解決できる法律的な対策のことを債務整理といい、代表的なものとしては自己破産、任意整理、個人再生などがあります。これらの方法は手続きごとに特性が変わってくると言えますし、どの手続きを行った場合であってもメリットやデメリットがあります。

債務者にとっては自分が抱えている借金の金額や、収入によってどの債務整理を選択するのか決める必要があると言えます。自分ではどの債務整理を行えば良いのか判断できないときには、弁護士などの専門家に相談することが最適な方法と言えます。債務整理の中で最も手軽に行えるものが任意整理で、弁護士に依頼すれば債権者との話し合いを代理人として行ってもらうことができます。債権者は消費者金融などが多いと言えますが、債務者個人が借金の返済方法を見直してほしいと提案しても、話し合いに取り合ってくれることはほとんどないと考えられます。

債務整理について取り扱っている弁護士や司法書士に依頼する必要があり、代理人として債権者と交渉することで借金額や返済方法を見直してもらう手続きとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *