相続というのは、物凄く面倒な手続きが多いのです。何しろ、銀行口座なんかは名義が違うわけですし、土地家屋の登記、有価証券なんかの変更もするのです。そうした面倒な手続きがありますから、相続というのは大変であり、それを弁護士に丸投げできるのです。それが実は相当お勧めできる行為であるわけです。

また、一人で丸々相続するならば意外と手っ取り早くできるのですが、分割してやる場合、物凄く揉める可能性があります。しっかりとした遺言状があったとしても揉めることがありますから、そうした意味でも弁護士は非常に頼りになります。出来るだけしっかりとしたところに依頼して、少なくとも自分が損をしない方向で話しを進めることが大前提になります。親族間で揉めることが多いのがなんといっても、相続関係であり、だからこそ、あえて弁護士を立てるのです。

それこそ、権利のない人が話しに入ってくることがありますから、そうした状況になるのを防ぐためにも弁護士に依頼するのは正しい行為なのです。基本的に金銭が絡むことですから、どうしても揉める可能性があるのは確かです。しかし、しっかりと手続きをしておけば、それなりに可能性は低くできるのです。お金がそれなりにかかってしまうのですが、家族が険悪になるのに比べたら問題ないといえます。

もちろん、費用に差はありますから、色々と比較するとよいです。或いは費用はともかくとして、信頼できる弁護士にするべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *