遺産分割をするときには、被相続人によって遺産を分割することになります。遺産分割を行う際において優先されるものは、遺言書に記載されている内容に基づいて分割を行ないます。遺産分割に関して弁護士に相談をしたときには、相続人の調査から開始されます。その後、財産の調査をすることで、どのような内容の財産を保有しているのか確認を行います。

遺言書があるときには内容通りに分割をしますが、無いときには遺産分割協議をすることになります。遺産分割協議を行って内容が確定したときには、遺産分割協議書を作ります。協議が成立しなかったときには、家庭裁判所での調停の手続きが必要です。裁判所での調停においても成立しないときには、審判による遺産分割の方法を模索が行われます。

遺産分割問題は現金だけではなく、土地や建物などの不動産が大きく関係してくることが考えられますので、家族同士の話し合いだけでは解決が不能なケースが多いと言えます。そのために、法律的な知識を持っている弁護士に介入してもらうことが、問題が生じたときの解決方法としては最善と言えるでしょう。専門家である弁護士が介入することで、手続きを素早く進められるメリットもあります。遺産分割協議において最初から関与したくない人の場合も弁護士に相談することで、相続放棄の方法を選択できます。

遺産分割をする中で法律で定められている権利が侵害されている場合には、遺留分減殺請求の手続きについて弁護士に依頼することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *