住宅ローンの返済ができなくなったときには、金融機関が住宅を競売にかける前に任意に第三者に売却する方法として任意売却を行う方法があります。任意売却であれば競売よりも高い価格で売却できる可能性が高いですので、支払えなくなった住宅ローンの返済のために住宅を売却して得た代金によって、住宅ローンの残高の返済に充てることが可能になります。近年では不動産業者やコンサルタント業者などが、任意売却の提案を行っているところが増えていますが、それらの業者の場合では任意売却によって住宅の売却を行ったことによって得られる代金で、住宅ローンの債務を完済できなかったときに、その後の処理を行うことができません。専門家である弁護士に法律相談を行って任意売却をしたときには、売却代金で住宅ローンの残高を完済できなかった場合でも、債務整理などの法的な手続きを提案することができます。

債務が残らないときでも法的な知識を持っていない業者であれば、市場価格よりも低い価格で売却されてしまう危険性もありますので、弁護士に法律相談をすることが最も良い方法と言えるでしょう。また、弁護士に法律相談をして債務整理をしたときに、払い過ぎている利息分が発覚したときには過払い金を借金の元本に充当することができますので、借金額を減らせる可能性があります。弁護士に法律相談することで債務整理を行わないで任意売却だけの依頼と、任意売却に加えて債務整理の依頼をすることのどちらかを選択できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *