弁護士に法律相談するときはデメリットの把握も必要

借金の問題が発生していたときに、思い浮かべる解決方法としては弁護士に法律相談をすることによって自己破産をする方法と言えるでしょう。自己破産をすることでどのような状態の借金であっても、返済義務を免除してもらうことで借金額を帳消しにできる可能性があります。ただし、自己破産にはいくつかのデメリットもあって、官報に掲載されたり、資格制限によって一定の職業に就けないことを考慮に入れておく必要があります。また、自己破産をすることによって一定の期間はブラックリストとして登録されることになりますので、貸金業者や金融機関などのローンの審査に通らなくなります。

自己破産をすることで個人の信用情報機関に、自己破産を行った情報が10年間ほど登録されることになりますので、貸金業者やクレジットカードを作ろうとして申し込みをしたときに、審査の段階で調べられることになります。生活を送っていくためには自動車や住宅を購入するためにローンを使いたいと言えますが、それらのローンに関して借り入れができなくなることを理解してから弁護士に法律相談を行うようにしましょう。自己破産以外の債務整理の方法を弁護士に法律相談をして、手続きを行った場合でも同様にクレジットカードやローンの審査を通過できないことが考えられます。他の債務整理である個人再生や任意整理の場合では、信用情報機関に登録されている期間は自己破産のときよりも短くて5年間ですので、その期間が過ぎてからであればクレジットカードの作成をしたり、ローンを組んだりできるようになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です