離婚問題は弁護士に法律相談することで解決が可能です

離婚について考えているものの、相談できる相手がいない人も多いと思います。離婚の話し合いに関しては1度でもこじれてしまうと、感情が絡んでしまう事例になってしまいますので交渉が難しくなる特徴があります。問題が大きく発展してしまうときには、子どもや親族などを巻き込んでしまうケースもあります。感情面や人間関係においても心身ともに負担が大きいものと考えられますし、社会生活への影響も大きな問題であると言えるでしょう。

離婚の是非や離婚ができるかどうか、手続きや子どもに関する問題、金銭面の内容など幅広い分野において専門家である弁護士に法律相談することができます。弁護士へ法律相談するときには、考慮するべき点についての説明を行ったり、万が一離婚をしないで問題を解決できるときにはそれらの解決手段を法律相談においてアドバイスが行われます。離婚が夫婦間で合意できたときには、協議離婚をすることができます。協議離婚の場合には、公正証書を作成することによって養育費などが確保しやすい離婚の方法と言えます。

裁判所の調停案にお互いが合意したときには、離婚調停を行うことになります。離婚調停も不調に終わったときには、裁判によって離婚を成立させる必要がありますので、弁護士に法律相談をすることによって手続きを進めてもらうことが最適です。裁判によって離婚が認められる理由としては、不貞行為や悪意の遺棄、生死が3年以上の期間にわたって不明なこと、回復の見込みがないと考えられる強度の精神病であることなどがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です