任意売却の法律相談は弁護士に依頼できます

住宅を購入するときには、多くの人が住宅ローンを借り入れて購入をしていると思います。借り入れを行っている人がリストラであったり、何らかの社会的な事情が変化したときに住宅ローンの支払いが滞ってしまうことが考えられます。住宅ローンの支払いができなくなったときには、借り入れ先であった金融機関などから競売を申し立てられることで住宅を手放さなくてはならなくなります。競売による方法で売却をするときには、市場の価格の5割から7割程度の金額で売却しなければなりません。

競売にかけられて売却したときには、住宅ローンの残高の支払いができない可能性があります。競売によって売却される前に住宅を第三者に任意的に売却をすることで、売却代金を住宅ローンの残高に充てる方法のことを任意売却と言います。任意売却の方法であれば、市場価格に近い価格で住宅を売却できる可能性がありますので、競売によって売却をするときと比較すると住宅ローンの返済に充てられる金額が大きくなると考えられます。任意売却についての法律相談を弁護士にすることが可能です。

任意売却を行うためには、不動産の担保権を持っている金融機関と交渉をする必要がありますので、専門家である弁護士に法律相談を行うことで法的な交渉を代理してもらうことができます。法的交渉に関して弁護士ではない者が行うことは法律で認められていませんので、弁護士に法律相談をして交渉を依頼することで安心して手続きを進められます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です